HOME>アーカイブ>短期間で集中的に学び就職にも有利になる方法
スタイリスト

学校を選ぶ時に確認したいこと

全国には、ファッションスタイリストになるための専攻が用意されているファッション系専門学校が多くあります。その中でも、知名度や立地、学べる内容で選ぶ方が多いです。ファッションスタイリスト科を卒業したら、自動的にスタイリストになれるわけではありません。しっかりと身に付けた知識や技術を元に、就職活動をする必要があるのです。ファッション系専門学校は、卒業生や業界との独自コネクションを持っています。そのため、卒業生がどんなところに就職しているのかを事前に確認しておくと、その専門学校が就職に強いのか判断できるでしょう。ファッション業界では人脈で新しい仕事につながるケースも多いので、業界で知られた専門学校に入学することは将来的にも有利になります。就職率が100パーセントという専門学校は人気もあり、安心して勉強と就職活動に集中することが可能です。

どんなことを学べるのか

スタイリストの仕事は、モデルや俳優などのファッションコーディネートを担当します。有名になると、テレビや雑誌に特集を組まれ、著書を発売することもあるほど華やかな仕事です。多くの人は、アシスタントとして補助的な仕事をすることから仕事がスタートします。仕事をする上で、カラーコーディネートの知識や洋服の素材に合わせた取り扱い方、企画やテーマに合ったスタイリングや撮影などを学ぶことが必要です。スタイリスト科では、スタイリストが必要な知識だけでなく、現場で実践的に使える実務を身に付けていきます。プロのスタイリストが講義を担当することもあり、技術だけでなくコミュニケーション能力を伸ばすことも可能です。卒業後は、すぐに現場に入る仕事のため、より実践的なことを学べる専門学校に入学したほうがスタイリストになりやすいです。

広告募集中